Текст песни OST Zan Sayonara Zetsubou Sensei - Zetsubou Restaurant

Просмотров: 9
0 чел. считают текст песни верным
0 чел. считают текст песни неверным
На этой странице находится текст песни OST Zan Sayonara Zetsubou Sensei - Zetsubou Restaurant, а также перевод песни и видео или клип.
シアワセにしてあげましょう
扉をさがしてよ
新装開店 ようこそ

お召しもの、肩先に 浮き草がついてる
いまだけは日常を 忘れてくださいな
夜ツユをふいて 入って

生身のハートは ブルーかレアでね
(生身のハートは ブルーかレアで 嗚呼)
口裏には うまくあわせた、
毒‥嘘、スパイスが 癖になっていく

乾いた悲しみに フォークをつきたてて
(絶望レストラン フォークをつきたて)
いやなものは 残していい 子供みたいに
(子供みたいに)
元気になれるでしょう? (嘆きの唇)
ひとくちごとに癒されて
また来週と 笑い手をふる 私
一夜かぎりの キャッシュよ

暗闇でつくられた 骨身のシチュウです
背中からぴったりと サーヴしてゆきましょう
ダンスをあなたとともに

蝋燭が消える 朝の紅茶までは
(蝋燭が消える 朝の紅茶まで 嗚呼)
表なしの テーブルの下
脚、詩、刹那サ が 絡みあっている

今宵のチケットで なんでも望みどおり
(絶望レストラン 何でもお望み)
美味しいとこを 切りとっていい 王様のように
(王様のように)
焦がした 熱すぎた(魅惑の唇)
胸のつかえを 飲み干せば
明日はまた 仮面のままで 歩ける

絶望レストラン
絶望レストラン
絶望レストラン
絶望レストラン
絶望レストラン (絶望レストラン)
絶望レストラン (絶ć
シ ア ワ セ に し て あ げ ま し ょ う
 扉 を さ が し て よ
 新装 開店 よ う こ そ

 お 召 し も の,肩 先 に 浮 き 草 が つ い て る
 い ま だ け は 日常 を 忘 れ て く だ さ い な
 夜 ツ ユ を ふ い て 入 っ て

 生 身 の ハ ー ト は ブ ル ー か レ ア で ね
 (生 身 の ハ ー ト は ブ ル ー か レ ア で 嗚呼)
 口裏 に は う ま く あ わ せ た,
 毒 ‥ 嘘,ス パ イ ス が 癖 に な っ て い く

 乾 い た 悲 し み に フ ォ ー ク を つ き た て て
 (絶望 レ ス ト ラ ン フ ォ ー ク を つ き た て)
 い や な も の は 残 し て い い 子 供 み た い に
 (子 供 み た い に)
 元 気 に な れ る で し ょ う? (嘆 き の 唇)
 ひ と く ち ご と に 癒 さ れ て
 ま た 来 週 と 笑 い 手 を ふ る 私
 一夜 か ぎ り の キ ャ ッ シ ュ よ

 暗闇 で つ く ら れ た 骨 身 の シ チ ュ ウ で す
 背 中 か ら ぴ っ た り と サ ー ヴ し て ゆ き ま し ょ う
 ダ ン ス を あ な た と と も に

 蝋 燭 が 消 え る 朝 の 紅茶 ま で は
 (蝋 燭 が 消 え る 朝 の 紅茶 ま で 嗚呼)
 表 な し の テ ー ブ ル の 下
 脚,詩,刹那 サ が 絡 み あ っ て い る

 今宵 の チ ケ ッ ト で な ん で も 望 み ど お り
 (絶望 レ ス ト ラ ン 何 で も お 望 み)
 美味 し い と こ を 切 り と っ て い い 王 様 の よ う に
 (王 様 の よ う に)
 焦 が し た 熱 す ぎ た(魅惑 の 唇)
 胸 の つ か え を 飲 み 干 せ ば
 明日 は ま た 仮 面 の ま ま で 歩 け る

 絶望 レ ス ト ラ ン
 絶望 レ ス ト ラ ン
 絶望 レ ス ト ラ ン
 絶望 レ ス ト ラ ン
 絶望 レ ス ト ラ ン(絶望 レ ス ト ラ ン)
 絶望 レ ス ト ラ ン(絶и # 263
Опрос: Верный ли текст песни?
Да Нет